投稿日:

即日利用可能な資金繰り法

事業をするうえで必要不可欠なのが運転資金だ。
本来、会社なり企業なりを始める際には、銀行などの金融機関に事業説明を行い、承諾を得た場合に融資してもらうことで運転資金を手に入れる方が多いだろう。

もしくは株式などを発行して、運転資金を確保する方法もある。
ただ、近年は銀行も貸し渋りの傾向が見られ、なかなか事業を始めることができない人も多い。
事業自体は始まっているものの、思うように利益を追求できずに資金繰りに苦労しているという事業主の方も非常に多い中、ファクタリングというサービスがあることによって、より資金繰りがしやすくなっている。

ファクタリングの強み

ファクタリングはどういうものなのかというと、売掛金などの債権を譲渡することで現金化することができるサービス。
事業をしていると資産として売掛金が蓄積されていくが、その売掛金は資産であるものの回収しない限りは単なる表面上の資産にすぎないため、どうしても即日で現金が必要となるときなどは、期日まで待てない状態になってしまうこともあるだろう。
そもそも回収できるかどうかもわからない売掛金で計上してしまい、結果的にどうすべきか迷っているという事業主の方も多いだろう。
そんなときにはファクタリングを活用して、より資金繰りを調整していこう。

保証人や担保が不要

ファクタリングの強みの中でも特に知っておきたいのが、保証人や担保が不要という点。
そもそも資金をどこかから融資してもらう場合などは、原則として保証人や担保が必要となるがファクタリングでは一切必要ない。

なぜなら、そもそもファクタリングはもともと持っている売掛金などの債権を譲渡して現金化するものなので、借金などとはまた違った性質を持っているため、保証人も担保もなく現金を手に入れることができるのだ。

即日で資金の調達

ファクタリングの強みとしてもう1つ知っておきたいのが、即日で資金を調達できるという点にある。
ファクタリングに関しては審査が非常に緩く設定されているため、即日で資金の調達をすることも可能だ。
それは事業主の方にとっては非常に魅力が大きいだろう。
どこかの金融機関によっては審査に時間を要することもある他、融資を受けられないという結果になれば時間の無駄となる。
ファクタリングはそういう心配も不安も一切必要ないのだ。
もし事業を行っていて売掛金などが溜まっている場合、即日ファクタリングを通して現金化にするという方法も考えてみよう。