投稿日:

債権を買う意味

債権を買う(ファクタリング)業者が居るということを知っている人はいるでしょうか?

国債などを聞いたことがある人もいるでしょう。

国債は国にお金を貸して、利子を付けて返してもらうという仕組みです。

このように債権は貸したお金を返してもらうという意味合いが強い言葉です。

そしてこの債権を買う業者の債権買取サービスをファクタリングといいます。

債権を買ってどうするんだという気もしますが、債権は実際に売り買いされているんですね。

一刻も早く現金が欲しい場合に債権のように月々いくらという条件で戻ってくるお金は非常に厄介です。

戻ってくるお金としては十分足りているのに、すぐに用意できないために詰まってしまう状態のときにファクタリングというサービスがとても役に立つのです。

つまり、債権をあげるからその額をすぐに現金にしてくれということなんですね。

ファクタリングの仕組み

商売の基本は売った側と買った側の2者の間で成立します。

でもその買った側から資金の回収は一瞬で終わらない場合もあります。

売った側がもしその商売で得たお金をもとに新しい商品を仕入れて売ろうとしている場合、買った代金が入らなかったらその間仕入れができないことになります。

そこで第3者のファクタリング業者が間に入り、代金を売った側に即時支払う代わりに買った側から代金をもらうという仕組みになっています。

当然全額を売った側に支払うわけではなく、手数料やマージンなどが発生するのでファクタリング業者は成り立っているのです。

なんだか債権代行業者というと怪しい雰囲気がしますがファクタリングは社会には無くてはならないサービスなんですね。

このように経済が円滑に回るためにファクタリング業者の仕組みは非常に重要となっています。