投稿日:

債務整理をする借金生活の延長戦

自らすすんでブラックになりたいとは誰も考えてはいないとは思いますが、「ブラックリストにのる確実な方法」があります。

「ブラックリストにのる確実な方法」とはなにか、というと「債務整理をすること」です。債務整理をすれば、必ずブラックリストに載れます。例外なしの100%です。

借金苦を軽減するかわりにブラックになる

債務整理というのは、借金を減らしたりだとか、返済に猶予をもらうだとか、基本的には、借金からの解放を目的におこなれます。
たとえば、過払い金請求や自己破産などは、わかりやすい債務整理の例であるといえるでしょう。
返済しすぎたものを取り返す、あるいは、返済能力を超えたものをチャラにしてリスタートを切る。債務処理というのは、基本的には生活を立て直し、ゼロから再出発するためのポジティブなものであります。
債務整理によってこの「払いすぎの奪還」や「ゼロからの再出発」を得る代わりに、債務処理を行った人間はブラックとなり、融資が受けられない状態になります。

懲りないブラックと狡猾なブラックOKの業者

債務整理をしたにも関わらず、再出発するのではなく、すぐに融資を受けて借金を再開しようとする人間のことは、ひとまずブラック融資者と呼ぶことができます。
ブラック融資者は、ブラックOKの業者を探して、ブラック期間であっても金融業者から借金を重ねます。
懲りない、といえばそれまでですが、ブラックであってもお金が必要となることはあります。そんなブラック融資者をターゲットにしているのがブラックOKの業者であるというわけです。
何らかの理由で債務整理を行った場合、何らかの事情でまとまった金が必要になるということはあるでしょう。そんなとき、ブラックOKの業者は債務整理を行ったブラック融資者に歩み寄る態度をとりますが、その歩み寄りが実に危険であるということは忘れてはいけません。
ブラック即日融資.jp.net