投稿日:

プロサックス奏者

サックス演奏者として活躍する杉町憲一は、日々の鍛練を怠らない人物です。彼自身、練習量がとても半端ではない時間を使っているからこそ、あの素敵な音色を出せるのでしょう。そんな杉町憲一のサックス演奏者としての注目度は高まるばかりです。

サックスという楽器は、一筋縄では吹けない楽器となっています。練習をしっかり重ねないと、綺麗な音色が出せないのです。杉町憲一は、そういうサックスの難しさを知っているからこそ、日々練習を繰り返しています。

プロのサックス演奏者として活躍する杉町憲一だからこそ、その練習量も半端ではありません。そうまでしないと、綺麗な演奏をすることはできないと彼は語ります。

楽器は練習した分だけ上手くなる

彼の格言とも言える言葉が、「楽器は練習した分だけ上手くなる」という言葉です。スポーツなどのようにセンスが必要となることもありますが、楽器は誰でも練習すれば上手くなります。

しかし、練習しなければ上手くなることはできません。とてもその明暗がはっきりと別れるものです。だからこそ、杉町憲一は長年練習を毎日怠ることなく続けている野でしょう。

そういう彼のストイックさにも頭が上がりません。
今後、サックス演奏者としての杉町憲一の活躍にも期待したいですね。